床暖房”そよ風”

家族の集まる中心に「そよ風」

太陽熱や太陽光を上手に利用する
パッシブソーラーシステム「そよ風」

そよ風とは太陽で空気を暖め、その空気を床下に送り込み、暖をとる家づくりの仕組みです。
エアコンなどを使わずに、冬は暖まった天井付近の熱をそよ風の循環の仕組みで室内を回し、自然の太陽のエネルギーから暖をとります
「そよ風」も「薪ストーブ」も輻射熱を利用します。

冬の暖だけではなく、夏は屋根裏の熱い空気を排気し、循環運転といった機能で部屋の空気を循環することで室内の熱気を排出。夜は放射冷却現象を利用し冷やされた空気を室内に取り込みます。

 自然の摂理に従いシンプルに

機械は、風を送り込むためのファンと、制御盤だけといったシンプルなものです。
そのため、天気の影響を受けます。
冬の曇った日は、暖房効果は得られません。そのような場合は、薪ストーブを焚き、そよ風のファンを動かして、室内循環運転をすれば、部屋中を暖かくすることができます。